声優専門学校で学ぶだけでは不足!学生のうちに伸びるために必要なこと

声優の専門学校で学ぶ人は多く、オーディションなどを通じて声優デビューする人もいます。

しかし、声優としてデビューしてもその後に食べていけるかは話が別で、学生のうちに準備がしっかり出来ているかでその後の将来が変わってきます。

フリーランスの声優として活躍する人がいるのもポイントで、学生のうちにコネクションを作って一般的なオーディションとは別ルートで伸びる人も増えています。

専門学校で学ぶだけでは声優にはなれない

専門学校で学ぶだけでは声優になれないのは常識であり、専門の人間として生活するのはかなり厳しいものがあります。

これは声優の仕事自体が限られるため、オーディションなどに残り続けないと仕事を掴むこと自体が難しいためです。

声優デビューしても終わりではなく、その後に役を掴み続けられるかは自分の実力と努力に依存します。

営業能力も重要で、SNSなどを駆使して自分で仕事を掴みに行く人もいます。

学生のうちにオーディションに参加して声優デビューする人もいますが、それで終わりではないことに注意が必要です。

事務所に所属してもマネージャーが有能であるとは限らず、常に仕事を紹介して貰えるとも限りません。

トレーニングなどをして備えるのは基本として、どのように活動し、生活していくかも考える必要があるのです。

マネジメントスキルは学校で教えてくれないことが多い

声優の専門学校では声優になるためのトレーニングや、様々な知識を教えてくれます。

しかし、マネジメントスキルまで教えてくれる学校は少なく、学校卒業後に困る学生が多いのも現実です。

マネージャーがつくほど頭角を現せる人が少ない上、実際にマネージャーがつかなかった場合にどうするかを考えて動ける人が少ないからです。

自分をプロデュースしてくれる人がいない場合は営業方法なども自分で考える必要があり、オーディション頼りになってしまうとコネの構築も難しくなります。

自分の才能を生かすことや、声をお金にするための知識などは自分から学びにいくことが大切で、その経験や知識が自分のマネジメントに生きることも多いのです。

仕事が与えられるのを待つのではなく、学生のうちから仕事を取りに行く姿勢を学んでおかないと苦労が増えます。

生活のために仕事をしなければならない状態になると、自由に活動できる時間が減ります。

学生のうちに自分に投資して、将来に備える意識があるかで実際に声優になれるかが大きく変わります。

SNSなどを活用して声優の仕事を掴む人が増えている

専門学校に通っていると、専門学校のことだけで物事を完結させて考える人が出ます。

しかし、実際にはSNSなどを活用するなど個人の情報を発信し、チャンスを広げることが重要になります。

専門学校に通う学生であるということは大きな武器で、注目を浴びるきっかけになることもあるからです。

自分の声がわかる短めの動画などをUPして、多くの人に知って貰うのも方法です。

オーディション以外にも自分の声質や演技の幅などを披露し、ファンを作ることは特に重要です。

SNSのフォロワー数も営業力に影響し、オーディションなどの選考に影響を与えるケースもあります。

固定ファンや支持層がいること、拡散力に期待できるかどうかでどれだけ人が呼べるのか、商品が売れるのかといった商業的な期待は変わってきます。

デビューしてからではなく、デビュー前から情報を公開し、自分のブランドを作って武器にすることも大切になっているのです。

様々な声のコンテンツを個人で公開することもできる

声優の仕事は企業から依頼されて初めて発生すると考える人もいますが、実際には個人で声のコンテンツを作り、お金を稼いでいる人もいます。

これは声を発信できる媒体が増えていて、YouTubeなどに声のサンプルをおく、音声作品を作って同人系サイトなどで直販するといったアクティブな行動が可能になっているためです。

ライブ配信プラットフォームを利用し、自分の顔と声を売っていく人もいます。

トーク力でファンを掴んで配信プラットフォームの声優オーディションイベントを戦うなど、事務所を通さずに声優デビューを決める人もいます。

アニメなどに出なくてもナレーションの仕事を掴む人や、同人声優界隈で人気になる人もいます。

声優と一言で言っても様々な仕事や生き方が増えているため、視野を広く持つことも大切なのです。

自分の売り方を知ることも重要になる

声優として生きるためには、自分の売り方を知ることも大切になります。

オーディションを勝ち残るためにも自分の長所や短所を知ることや、アピールすべきポイントをまとめることは大切になります。

主張ができなければより能力が高い人が選ばれる可能性が高くなるため、少しでも武器を増やして自分の売り方を知っていくことが重要なのです。

専門学校で学べばある程度自分の個性を把握できる場合もあります。

しかし、自分から積極的に学ぼうと思わなければわからないまま卒業を迎える可能性もあります。

時間には限りがあるからこそ講師に積極的に聞くことや、自分で調べてみることは大切です。

ネットに声をアップして直接人の感想を聞くことも難しくなくなっています。

どんな声のコンテンツに需要があり、自分の声はどのように評価されるか知ることも可能です。

できることが増えているからこそ、早めに動いて専門学校の長所と組み合わせた方がプラスになります。

意識的に動き、主体的に仕事を掴みにいくのがおすすめです。

まとめ

声優の専門学校で学んでも、ただ学んだだけの人と人一倍努力した人の差が出ます。

才能の有り無しに関わらず、営業能力などを伸ばして声優としての仕事を掴む人もいます。

オーディションに勝ち残って声優デビューするだけが収入を得る手段ではなくなっているため、自分がどのように生きたいのか考えて早め早めに動くことが大切です。

SNSの活用や、音声動画の投稿などでライバルに差をつけることも可能ため、積極的に発信した方がデビューできる確率も、お金を稼げる確率も上がるのです。